寧音ちゃんのきらきらぎゃらりー

寧音ちゃんの新作をアップいたしました!

 

寧音(ねね)ちゃんは2007年生まれのダウン症の女の子です。

好奇心がいっぱいで、小さな頃から作品で自己表現をしています。

ハンドベルのチームでつねきちとご一緒させて頂いたご縁で

今回の写真を提供してくれました。

 

「ゆきのうえのうさぎ」

白い雪の上に明るい着色をほどこし、華やかで楽しい絵になりました。

 

「うみ」

すみれ色の海だなんてドラマティックですね。

紫は癒しのカラーですので、この絵にはヒーリング効果がありそうですよ。

 

「おいしいおはな」

食べると体によさそうなビタミンカラーのお花です。

バックにある赤は情熱と行動への意欲を表します。

「パンダ」

目とか、ポーズが生々しいパンダです。

本物を観察する目がするどいですね。

このパンダはどの向きで置いても面白いと思います。

 

「きもち」

様々な色がミックスされていますが、乱雑には見えません。

情熱と癒し、輝きそして平和、絵にはたくさんの感性が詰まっていて、

その中で「次は何をしよう、どこへ行こう」

という、思考が漂っています。

 

寧音ちゃんの心の中はきっとこんな風に鮮やかな世界なのでしょう。

新作をありがとうございました。

 

これらの中から数点を「模写絵師つねきち」の個展でも

展示させて頂く予定です。

個展に関する詳しいストーリーはこちらをご覧ください。

 

 

こちらは、色画用紙を切って貼ったものです。

コバルトブルーと優しいオレンジの配色が綺麗で、きちんとレイアウトされています。

可愛らしい文字で、「ね音」という署名が微笑ましいですね。

手前のドラえもんの表情に味わいがあります。

 

幼稚園の年長さんの時の作品だそうです。

モダンテクニック的な仕上がり。この年齢でこの構図と色のバランスは持って生まれたセンスなのでしょう。明るくて優しい寧音ちゃんの性格が滲み出ているようです。

マスコットを作りました。

こちらも明るい配色が綺麗です。ひとつひとつ丁寧に取り組む姿が見えるようです。

ドットの配列だけでも温かみが伝わってくる作品です。

額縁のセンスがとても良く、親御さんの寧音ちゃんを包み込む想いを感じますね。

アートな色調の掛け時計。

黒×赤の斬新な組み合わせで、光る素材も使っているのに品があり癒されます。

心のバランスの良さ、寧音ちゃんが愛情豊かに育てられたあらわれ、

なのだと思います。

 

障害を持っている、持っていないという以前にとても大事なのは、

親がこどもの全てを許し受け入れるということ。

そこでこどもの表現する力は芽生え、安心してさらけ出してくれるのだと思います。

寧音ちゃんの作品はきらきらしていて、私たちに安心と勇気をくれる気がします。

写真のご提供をありがとうございました。またどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

トップページへ Top page

あーとぎゃらりー Please look at this gallery!!

 

 

Copyright © 2015-2019 Atre  Shibutani Co.Ltd.

 

 

 

[`yahoo` not found]
Pocket
LINEで送る